スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナタはワタシ

74.Mi Abuelo

繝√Μ繝壹Ν繝シ+(587)_convert_20101028075138

なんだか頭がボーっとする。
すでに体調は万全だ。そのはずだ。
とにかく先を急がなければいけない。先を急がなければ世界一周できない。
旅=「生きる要素」、こいつを毎日摂取してると特効性に欠けるんだ。
繝√Μ繝壹Ν繝シ+(637)_convert_20101222213501

友人たちの励ましのメール
「かならず帰って来るんだぞ」私はコレラで答えた。
心配したのは体調よりもペーパーだった。南米はおまけに便座もない。バケツで水道蛇口から水を汲んでそいつをトイレにぶっ掛けるまでセルフなのに有料。紙は別売りである。5枚50円と高価である。まあいいや便所の話は。



ペルー北端に位置するピウラ。
地図上でこの地名を確認したとき、花火をおもいだした。
まだ見ぬ地名を想像。
言葉の意味やスペイン語の意味を探ってしまう。とくに名前の雰囲気でその町のイメージを図るとおもしろい。

これらは実際にある南米の地名
アレキパ
ポパヤン
コトパクシ
トルヒーヨ
チクラーヨ

ピウラは一体どんなところだろう。ワクワク感はあまりない。

m_peru.jpg


おじいさんは出会ったときと同じく、心配そうな顔で私の眼をのぞきこんだ。
私が大丈夫というとその語尾に信用してくれた。
ほとんどおろさなかった荷物。よくぞ盗難されずに済んだバイク。
バイクにまたがりヘルメットをかぶると、おじいさんは
「パンアメリカーナまで見送る」
と、数十年前発表ピックに乗り込み国道沿いのパーキングまで先導してくれた。
先に走る不完全燃焼の白いトラックの荷台には泥だらけのスコップと小さな農機械が転がっていた。黒煙の排気ガスがたまらなく顔を染めてくれる。

そして別れ際。私はおじいさんに、
「なぜ、たすけてくれたのですか?」
おじいさんだってコレラにかかる危険性があったのに、なぜ助けてくれたのですか?
おじいさんは間髪入れず「なにも気にするな。私はアナタ自身なのだから.」

私は最初

「私は、アナタ」????

ペルーのおじいちゃんは、なんとも意味深である。
「私は、アナタ」
繝√Μ繝壹Ν繝シ+(599)_convert_20101222213351

この単語は、言葉では理解できても、行動に移し、どれほどの真情を得ることができるか。それにはそれ相当の人生エネルギーが必要だと思われる言葉である。






スポンサーサイト
プロフィール

masatorakun

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。