スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タコアシ

81.TAKOASHI

繧ュ繝医・螟・(266)_convert_20110527190041


カメラの三脚を落としてしまった。
たぶんキト市街で落としたものと思われる。

三脚と言っても、高いものではない。三本足がグネグネ自由に曲がるラバーの三脚だ。
パブロと食事に行った際のこと。
カメラ屋の前で同じ三脚が目に付いた私は、思わず「無くした三脚と一緒だ!」と、
ショーケースに飾られるまでもない、せいぜい800円の三脚を指差した。
「あれは日本ではなんという名前で売られているんだ」
私は、三脚ではないな、なんだろう・・ そうだ、タコアシだ!と言った。

「なに?タコアシ!?」

それからは私のあだ名はタコアシになった。
ことあるごとに私のことを「タコアシー!」と、奇声をあげるクリス。
カバのことをイポポータモというが、これをタコアシの反逆の言葉として決死の攻防を繰り広げたのである。

繧ュ繝医・螟・(44)_convert_20110527185931

タコアシー!
イポポータモー!

くだらない奇声の張り合い
毎日

引きこもりだった私を新聞記者のパブロがバイクで連れ出してくれた。
その手には三脚タコアシ、パブロがカメラ屋で買ってきてくれていた。
この人たちはどこまで親切なんだ。ありがたくタコアシを受け取る。
「バモス、タコアシ」
外出から戻ってくると、探しても出てこなかったタコアシがベットの上にのっていた。
「床におちてたぞ」とクリス。
タコアシがふたつになった。


翌日、クリスが「今日は引きこもり決定」としていた私の部屋にやってきて、
「タコアシ、外で遊んで来い」と、市街バス乗り場まで歩いて送ってくれた。
仕方が無いので遊びに行った。
南米は治安が気になって外出に気をつかう。
外出というだけで疲れるのである。

仕方なくバスに乗って出かけた。
市街地で迷子の日本人に出会い、行動を共にしているうちに夜になった。
この頃にはクリスたちのおかげでスペイン語もすこしは上達していた。
日本人旅行者の彼はキトのスペイン語学校に入学するために訪れているという。
繧ュ繝医・螟・(40)_convert_20110527185646

ふたつの先っぽの教会に行きたかった私たちは、夜の街に繰り出した。
市街地で現地民に道を尋ねると、
「夜は危険だ。やめておけ」
それを聞いて私たちは早歩きで彼の宿まで戻った。送った先は先日私も泊まっていた日本人宿だった。
中に入ると、あいかわらず旅行者でにぎわっていた。
また会おうといって彼と別れた。
それからもう会うことはなかった。
繧ュ繝医・螟懶スク・ー・呻セ具セ滂スッ・ク繧ケ+(116)_convert_20110527185252

クリス家最寄のバス停に着いたのは夜10時だった。ひとりで家まで帰ろうとすると、
奥さんチヨと妹アレクサンドラが心配そうな顔で私を待っていた。笑顔で出迎えてくれた。
クリスの家に到着するなりワインを飲んでご機嫌のクリスが、よくやったじゃないかトラと言った。
たぶん夜のキトはそれだけ勇気のいるところなのだろうと解釈した。

深夜のキトを徘徊したくて再度クリスを誘って市街地へ出かけた。
人気のない深夜の大統領宮殿を歩いていると、前方からひとりの男が歩いてきた。

クリスの「バモス!」の掛け声と共に走って車まで戻った。
若い不良集団もいた。
こちらを気にしては、ちょっかいをだそうとしていたが、日本空手を習得している大男クリスは相手にしなかった。
身長190センチ体重100キロ超の巨体から繰り出される回し蹴りは、きっと素人のそれではないはずだ。
繧ィ繧ッ繧「繝峨Ν譛

それにしても、市街地をたった一人で歩いている男さえ警戒しなければいけない。
南米は、やっぱりこわい。

スポンサーサイト

金曜日

さて、このブログ、だいぶ更新しておりませんでした。
お読みいただいている方には大変申し訳なく思っております。
今後も続けてまいりますので懲りずに、お付き合いくださると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。




金曜日
80.Hambre
繧ュ繝医・螟懶スク・ー・呻セ具セ滂スッ・ク繧ケ+(243)_convert_20110515214711

数日で旅立ちと思っていた。クリスの家に長く滞在するのも申し訳ない。
コロンビアは景色が最高なところだと何度もいわれて早くコロンビアに行きたくなった。
週明けには旅を再開して、コロンビアの綺麗なお花畑を鑑賞している予定である。
そんな今日の週末は、オタヴァロというインディヘナ居住区にパブロクリスと私のバイク三台、奥方チヨと妹アレキサンドラの5人で向かった。
最高の天気で、でも夕方にはやっぱりスコールでみんな全身びしょ濡れになった。
繧ッ繝ェ繧ケ繝医・繝吶せ繝医す繝ァ繝・ヨ_convert_20110515214609

インディヘナたちは、ほぼ日本人だった。肌は少し違うが顔は完全に日本人だった。
彼らとは笑うタイミングが一緒だった。数少ない外国人である。
味付けもスパイスもいい感じ。

帰り際、クリスがカメラにつけていた、インディヘナの店で買ったミサンガを私のバイクハンドルに巻きつけてくれた。

散々遊んで大雨の中帰路についた。
途中寄り道をして身体ガタガタさせながらアイスクリームとチーズを食べて暖を取った。
繧ッ繝ェ繧ケ謦ョ縺」縺溘・+(276)_convert_20110515214914


さて、
なんだかんだクリスの家には長いこと滞在した。

私が
「明日こそ出発するよ」と言っても、
「なぜ?ずっと居ればいいじゃないか、3年ぐらい」
クリスがそう言う。
いやしかし、いやまてよ。どうしようかな。赤道の上に三年か。そんなこと考えているうちに1週間すぎていた。
繧ッ繝ェ繧ケ謦ョ縺」縺溘・+(338)_convert_20110515215140

クリスは、
「俺たち夫婦がバイクで新婚旅行したとき、色んなひとに世話になった。その恩を今あなたに返している最中なんだ」

果たして見ず知らずの旅人が私の家にやってきたとき、これだけの心をもてるだろうか。
たまたま先日、静岡の私の家に旅人がやってきた。
わずか10日間の滞在にも関わらず、自分のやりたいことができないと愚痴をこぼしたことを思い出す。
クリス家族には本当に世話になった。
繧ッ繝ェ繧ケ謦ョ縺」縺溘・+(341)_convert_20110515215322


あらゆる手段で引止めを図るクリスとチヨ。とってもうれしかった!!
海外に家族ができて、ほんとうに嬉しかった。
いろんなところに連れて行ってもらった。
いろんな人に出会わせてもらった。

最終的に私は「引きこもり」になってしまい、クリスが外へ連れ出す始末。
それぐらい、クリスの家は最高の居心地だった。


プロフィール

masatorakun

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。