スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルサルバドル


95.EL Salvador

荳ュ邀ウ隲ク蝗ス+(18)_convert_20111116161638
エルサルバドルに人間入国。
そしてバイク入国の手続き。
かなりてこずった。

誰も教えてくれない。
誰もいない。
看板のない怪しい倉庫が税関だと、誰がわかろうものか。

インテリ風の私服の税関職員が対応してくれた。
警備兵が何人もいて、観光バスが何台か入ってきては、荷物検査をしていた。

南米からのドラッグ輸送ルートにもなっている中米では、時々過剰なまでの検査をおこなう。
軍犬のシェパードと仲良くなったら、警備兵から仲良くするなといわれた。

荳ュ邀ウ隲ク蝗ス+(16)_convert_20111116161617

警備兵のおじさんにメッセージを書き込んでもらった。
背中が人生を物語っている。
グアテマラからきていたトラックドライバにもメッセージを書いてもらった。
彼らはここからの道路状況や治安を教えてくれた。
治安は、ことあるごと聞かないと大変な目にあう可能性がある。


入国してしばらく走ると、家の庭先でバーベキュをしている家族をみかけた。
ここは平和なんだなと思ったが、エルサルバドルといったら数年前まで内戦が起きていた国。
キャンプを張れる場所もなく、やむなくホテルに入った。あとで調べたら内戦は20年前におわっていた。
荳ュ邀ウ隲ク蝗ス+(21)_convert_20111116161738

日本の典型的なレジャーホテル。
バイクを屋根つき車庫に入れて食堂に行こうとしたら「このへんは危険だから俺がついていくよ」とホテルのボーイ。
食堂はなく、代わりに商店に行き、食材を買い込む。調理はホテルでやってもらうことにした。
売られていた食材は、鶏肉と冷凍ポテト。これだけ。

中南米では本当に鶏肉ばかり食べた。
「鶏肉」以外のスペイン語がいえたらもっと色んなものが食べられたと思う。



むかしアメリカをバイクで一周したとき、こんなことがあった。
しばらく肉ばかり食べていた私は、マクドナルドでサラダを注文した。

「サラダ・ワン・プリーズ」

073_convert_20111116163018.jpg
しかし店員は私の言葉に「なに?なに?」と、理解してくれなかった。
メニューといえば、ハンバーガーとポテト、それにサラダしかない。
店員は「サラダ」を連呼する私を変な人だと思っただろう。
最後までサラダを理解してくれることはなかった。

この出来事から分かるように、大切なのはコトバでなく、相手が本当はなにを言おうとしているのか解ろうとするその気持ちだろう。

日本人の日本語をよく聞いてみると、表面だけでは理解できない会話がとても多い。

外人からは本音をいわないと揶揄されることもあるけど、
相手を思いやる気持ち。これこそ、言葉の表面だけでは理解できない日本語の姿ではないだろうか。

日本語に多い表面不理解語。これこそ「思いやり」が備わっている言葉である。
日本語の難しさと、日本人が昔から持つ特異なまでの優しさに気づいたのは、私が日本に帰ってきてからになる。


荳ュ邀ウ隲ク蝗ス+(14)_convert_20111116161508
エルサルバドルに入国して、一番最初に話しかけてくれた家族
この頃になると当初まったくダメだったスペイン語が日常会話程度ならほぼ理解できるようになっていた。
よくスペイン語圏のひとに「どこで習った」と聞かれる。
私はこう答える。

道の上の先生たちに。

スポンサーサイト

バイク

撮影ホットバイク

21_convert_20111110002129.jpg
らいおん真虎。

blg自分シャシン掲載。真に恥ずかしい限りでございますが今回どうしても載せたくてw掲載します。
バイクというのは、良くも悪くも、外気とのへだたりが一切ない。
自然の音を聴きながら風のにおい、季節の変わり目を体全体で感じられる。冬などもってのホカ。写真みれば一目瞭然ですね。

さて、バイクに乗り続けると、自分の本質までさらけだすから不思議です。
つまり、自分に壁がない。すると、相手の人まで壁が無くなり「普段」なにを考えている人かを、瞬時にみわけられたりするわけでございます。良い人のオーラ、悪い人のオーラ、これまで感じられたら本物ライダー。バイクというのはそこまで感覚が繊細になりえる乗り物なのですね。

さて、この日記では悪徳警官の賄賂請求について記してありますが、けっしてわるいひとたちではなかったというお話です。賄賂請求事態は最悪なのに決して悪人じゃなかったと分かるのは、外で暮らすライダーならではの話です。




94.Honduras, aguas dinero

ホンジュラス入国の際の税関では、やはりドキュメント類をすべてコピーしてこいとのことだった。
灼熱のなかコピー屋を探していると、あとで金を請求してきそうな地元民が近寄ってきてコピー屋に案内してくれた。

てっきり御礼を請求してくるのかと思いきやそのような言葉は聞かれなかった。

ニカラグア・ホンジュラスの国境付近の雇用情勢はまことに厳しい。皆無に等しいだろう。
貧困であろうそのおじさんに暑さにかまけてなにもしてやれなかった。

国境コントロールが昼休みになってしまい入国できなくなった。
直射日光を避けて木立で休んでいると、日本人夫婦の旅行者が私のところにやってきた。
新婚旅行でバスに乗ってやってきたらしい。
バスの添乗員が乗員全員のパスポートコントロールを一挙に、順番待ちしているころ、私たちは木立でまったり昼休み。
他人任せというわけではなくそうせざるを得ないのだろうが、国境越えという面倒を他人にやってもらえて勿体無いなあと思った。
面倒なことこそ後に思い出に残るものだ。

入国では、
「これは正規の値段です」
と言いながら、正規のワ○ロを要求された。ちゃんと案内書にも値段が書かれている。
雇用がない以上、国に税収は期待できず、取れるところから取る。それが国境。これは仕方ないことだ。


入国を済ませると少し遅めの昼飯をたべた。
暑い国では食べないと体力が持たない。暑さに具合が悪くても無理矢理たべたことは何度もある。
朝から走り出して夕方までメシをぬいても元気でいられるのは両親のおかげだ。

地元の女性たちとテーブルを囲んだ。
島田の友達に似ているなぁ、懐かしいなあと思いながら彼女たちと食事をした。

初対面なのに懐かしさを感じるひとの思い出を私はあまり持っていない。友達との思い出に潤いをたすだけだ。
いまではその友達は死んでしまったから、この写真をみると、本人の遺影より思い出したりする。
その友達がそうであるように、死んでいった友達の多くは、いつでも会いたい人、つまりとてもイイヤツらだった。そんな人たちが先にいくのは、きっと神様も居心地のいい魂をほしがるのだろう。


男性はどことなくいつでも金を請求する準備ができていそうな雰囲気の人が時々いたけど、女性はそういったオーラを放たないので気楽に食事を楽しんだのだった。

荳ュ邀ウ隲ク蝗ス+(12)_convert_20111110001228


ホンジュラスに入国してしばらく走ると、またしても警官に停められた。

警官は、道の向こうから走ってくる私に気付いたかと思うと、「おおおキター!!!」という感じで、小走りで木陰からでてきたかと思うと、
「水代くれ」である。
情けない。

警官は10人ぐらい。本当は警備員じゃないのか。

「あなたたち、本当に警官ですか?」

「え?俺たち?おおうん、警官だよ。水代くれ!」

まったく悪気がない本物の警官。
なんだかヒョロヒョロしていて弱そうだ。
私に話しかけてきた警官は腰にガンベルトをさげていない。
他の警官は知らないがきっとガンは持っていないだろうと、勇気で一気にその場を走り去った。

バックミラーをのぞくと警官たちは

「あ~あ、いっちゃったぁ」
という感じ。
念のためバックミラーをしばらくみつめていると、木陰に戻っていく警官たちがみえた。
さすがこの暑さは地元民でも堪えるらしい。

かげろうが延々と道の先まで続いていた。
道路標識がない国道で地元の若者に道を聞いた。彼は眉間にしわをよせ汗びっしょりで自転車をこぎながら私にあっちあっちとだけ言った。

プロフィール

masatorakun

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。