スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国境

desde Mexico a Ustados Unidos,Frontera 国境コントロール

荳ュ邀ウ隲ク蝗ス+(127)_convert_20120229225401
この国境に、どれだけの命をかけただろう。この国境の川に、どれだけの人が希望を胸に泳いだだろう。
この国境を希望に、どれだけの旅人が世界を走り抜けただろう。

いったい誰のためなんだ。
国境なんてなくなればいい。




スポンサーサイト

メキシコを走る

99.Aduana EstadosUnidos,reinosa mexico

荳ュ邀ウ隲ク蝗ス+(60)_convert_20120229224034

アメリカとの国境に差し掛かっていた。
アメリカ西海岸を縦に走ればこの旅はおわる。

ところがアメリカ国境に差し掛かってくると道路標識が一切無くなった。
およそ300キロのあいだ、道に迷わないほうがおかしいのである。
荒野しかない。そこを危なそうな人が歩いている。
かなり冷え込んでいる。夜には氷点下になった。

軍隊の検問があった。
検問所があるということは、主要道であるに違いない。メキシコはその程度の判断で走ることになる。
いつもの検問で書類検査。

レイノーサ荳ュ邀ウ隲ク蝗ス+(125)_convert_20120229223520
それがおわると厠に行きたくなった。
軍人に案内されて検問所の裏にいくと、数個のテントが張られていた。「どこでもいいぞ」と若い兵隊。ライフルが似合ってる。目は優しかった。焚火のあとがあり、その近くには鍋や飯ごうが転がっていた。綺麗に洗ってある。なべ底にはどうしても洗いきれない「焦げ」が生活観を漂わせていた。検問所の裏には彼らの実態があった。
軍人たちは検問所の裏で完全アウトドアな生活を送っていたのである。世界中みても検問所の裏がキャンプ場になっている場所はそうない。メキシコ軍の兵隊はキャンプ生活。笑顔をみせないのはこのせいだろうか。
ワイロばかりの警官にくらべ世界の兵隊はマジメだ。それだけに軍予算をもっととってよメキメキちゃん。
2009年メキシコは政権がかわった。新大統領は麻薬撲滅に力を入れている。麻薬汚染された国内を正すため軍隊も日夜検問に励んでいるようだ。

メキシコを走っていて、道端で手招きしてくる警官と幾度となく出会った。どうせ恐喝なので無視したがメキシコ政府は管轄下を早急に正したほうがいい。国全体のイメージは一般市民でなく行政の場合もある。

国境から数キロに位置するホテルに入った。
風邪気味。タバコをやめればいいのに。
ニカラグア人と友達になった。
彼らはアメリカに買い付けをして、いまからニカラグアに帰るところなんだと言った。ここは寒いがニカラグアは猛暑だろう。あの暑い国に帰るのだから体調に気をつけてと声をかけると、みんな笑った。ニカラグア人の笑顔が好きだ。
荳ュ邀ウ隲ク蝗ス+(109)_convert_20120229223316

彼らと酒を飲み、蚊と闘った。
バイクを寝室に入れて就寝した。


アスタマニャーナ

プロフィール

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。