スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北米

メキシコからアメリカに入り、テキサス、ニューメキシコ、ユタ、カリフォルニア

荳ュ邀ウ隲ク蝗ス+(142)_convert_20120805231020

10年前、バイクでアメリカ一周をしたとき、テキサス在住のメキシコ人の友達ができた。
彼の職場であるバイク屋を訪ねると彼は退職していた。理由は教えてくれなかったが、だいたいテキサス在住のメキシコ人がアメリカ北部のニューハンプシャーなどに引っ越すわけがないのである。残念ながら彼にはしばらく会えないのだ。


10月下旬のテキサスの夜は、とても冷える。やばいぐらい冷える。零下5℃ぐらいになる。夜は乾燥も重なってせきが止まらない。

国境付近のキャンプ場は一泊3000円の高価だった。
日本のスーパーみたいなところで買い物をして草むらに入っていく。ガソリンを入れようと思ったがオクタン価がやけに低いので給油を明朝にした。さきに明朝のことを書くと、ガソリンはどこへ行ってもオクタン価が低い。アメリカはランクの低いガソリンを売っている国のひとつだということに、このとき初めて気づいた。


日本 レギュラー 95 オクタン
   ハイオク  100 オクタン

アメリカ     
   レギュラ  90~92 オクタン
   ハイオク  95 オクタン

ちなみにロシアのシベリアでは78オクタンというガソリンを売っていた。それを入れたバイクの若者は、ノッキングしながら走っていった。オクタンの低いガソリンを入れると、エンジンに障るのである。

とくに、もともとオイルを喰う私のバイク、アメリカに入ってなんと400kmに1リットルのエンジンオイルを給油しなければならない事態にまでなった。こうなったら白煙は止まらないのである。エンジンの調子事態は悪くない。


さてキャンプである。

草むらに入っていくと、茂ったサボテンが所狭しと生えていた。
避けたつもりだったが足に相当のトゲが刺さった。
皮のチャップスを通してしまうほど強力なサボテンのトゲ。流血。

荳ュ邀ウ隲ク蝗ス+(135)_convert_20120805231057
サボテンのトゲ抜き


テキサス州で適当な草むらでキャンプをするときサボテンには気をつけたほうがいいでしょう。
ガラガラへびもいる。あとレジャー的な感じで銃声が途切れず一時間ほど聞こえた。すぐそばだ。44口径の大型拳銃の音だと思われる。殺気立った感じではないにしろ、こっちへ飛んできやしないかハラハラした。
それでもアメリカほど安全な国はないのである。
ロシアコロンビア中米のあとには、もう安全しかないのである。

とはいえ、10年前、テキサスを走った時、おじさんに声をかけられたことが脳裏をよぎる。

「家に泊まりなさい」

家についていったら、家が全部ピンクだった。

完全にホモであることがわかったのでザケンなと怒って走り出した、そしたらおじさん着いてきたのでバイクを止めて説教してやったことがある。そんなことがあったので用心です。


荳ュ邀ウ隲ク蝗ス+(129)_convert_20120805230920


ゆだんたいてき。






スポンサーサイト
プロフィール

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。