スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ超南部

100.comida de mexicanos

国境の道沿いでタコス屋
メキシコでタコス屋を見つけるのは至難の業w普通の食堂。裏で鶏をしめているwやっぱり鶏肉。
アメリカ国のタコス屋やメキシコ風ハンバーガーを発見しやすいかもしれない。よくわからない。
肝心なメキシコ人はタコスが家庭料理なのだろうか店がない。
列に並んでいるメキシコのタコス屋。
オバチャン店主が注文を受けてから生地を焼く。タコス完成まで注文からおよそ10分。いろんな種類の中身があって食べ応えがある。なかでも肉とあずきの煮物をはさんだタコスは最高だった。
かあさんのは優しい味。甘くてやわらかくて8個食べてしまった。一個200円。この旅のタコス三昧は、物価が高くなっていることに気づくきっかけだった。どれも並ぶ品は同じ。

生活が密着しているものは安価で、生活とかけ離れた品は高価。ニカラグアまで陸続きだった安価な世界はメキシコで生活を離れアメリカで昇華していく。そしたら日本も。地元民とブーツについて話し込んだ。かっこよくて味のあるものは無名がおおい。

アメリカに入国した。
バイク出国の手続きを済ませる前に、アメリカに入国してしまった。これが大きな問題になった。
パスポートコントロールとバイク税関所がちがうところにある。
案の定、入国をすませていざ走り出そう最終チェックをすると、アメリカ税関職員から「バイクの手続き、やってないじゃん!と言われてしまった。
繧「繝。繝ェ繧ォ・・(21)_convert_20120510154321

かくして歩いてメキシコ国境を歩いて逆戻り。国境は鉄橋である。
出身地の島田市大井川の鉄橋を、マラソン大会の練習で幾度となく走り越えたことがある。マラソンシーズンは冬だからいくら走っても平気だったけど、この日のメキシコは炎天下。35度ぐらいで皮製のものを羽織りライダー向け風を通さないズボン。ああつい

同じ橋を徒歩で渡る大勢のメキシコ人。さっきはクルマの大渋滞。こんどはヒトの大渋滞。
それにしても徒歩で入国してどうするのだろうか。一番近い町まで10キロ以上ある。それまで草原でなにもない。
ヒトの心配をよそに、バイクの出国手続きを終えて徒歩でふたたびアメリカへ。

徒歩での入国手続き所でふたたび長蛇の列。


人間の入国はすませてあるの私は、ヒトの大渋滞の列を無視して先頭まで歩いていく。
たったこれだけのことなのに国境では緊張する。意外とみんなやさしいまなざしで私の言動をみている。

アメリカ人の管理官に「なぜお前は列を守らず前にきたんだ」と危険人物扱いしてピストルに手をかけるしぐさをする。
英語がまったくわからない。雰囲気でスペイン語ではなしてみたが・スペイン語が通じない。
スペイン語圏の入国管理官がスペイン語が通じない。
これはわざとそうしているのか。
その管理官は英語のみをスピークイングリッシュしていた。



入国管理官に根掘り葉掘り質問攻めにあった。
車両で入国すると指紋提出が義務化されていたが、徒歩での入国は必要ないらしい。
もしかしたらメキシコ人とアメリカ人以外の人種の指紋採取だけしているのかもしれない。
ここは2万キロつづいた新興国とよばれる国々との境である。

入国させてもらった。私の英語はあまり通用しない。
町に出ても同じく言葉がイマイチ通じない。
アメリカ英語がほぼ理解不能になっている。もともとだけど。
速いし単語がつながっている。youmustbeisugoteiasoitekoという感じ
ヨーロッパ英語は理解できていたのです。
ずいぶんスペイン語に慣れてしまったならいいのだが、スペイン語もよくわかっていない。

アルゼンチンからの行程はスペイン語が多少できるぐらいで平気で、あとはノリだった。
英語の国はそうはいかない。


アメリカはバイクの強制保険が厳しかった。
日本で言えば車検の代わりみたいなものだ。加入していないことで多額の罰金。
アメリカの警察はよっぽどでなければワイロ請求してこない。そのかわり保険に入っていないと法律違反。どの国も出費は変わらない。支払う金の名前と名目が変わるだけのこと。
この日は日曜日で、バイク保険の加入可能な保険屋はぜんぶ閉まっていた。

バイクだけは別らしい。


繧「繝。繝ェ繧ォ+(31)_convert_20120510154503
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【アメリカ超南部】

100.comida de mexicanos国境の道沿いでタコス屋メキシコでタコス屋を見つけるのは至難の業w普通の食堂。

まとめ【アメリカ超南部】

100.comida de mexicanos国境の道沿いでタコス屋メキシコでタコス屋を見つけるのは至難の業w普通の食堂。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。