スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデン内陸最高!!

18.Sweden correr mi corazon

スウェーデン内陸は、世界最高に走りやすい。
針葉樹が多い茂る森と、一直線かと思えば適度なワインディング。
時速78キロで航行中、最高の気持ちよさの中ガス欠、これさえなければ最高だ。
バイクの欠点はガソリン容量の少なさである。
ガソリンスタンドでチョコレートを食べていると、遠くからハーレーダビッドソンの音がした。
ロシアや北極圏ではほとんどみかけなかった愛しのハーレーちゃん。
こ、これは。GSに入ってくるバイクは、日本でもほとんどお目にかかれないスウェディッシュチョッパーだった。
縺薙・縺ゅ→蠖シ繧峨↓・ュ・ッ・イ・。蟶ゅ・繝舌う繧ォ繝シ繧堤エケ莉九@縺ヲ繧ゅi縺・コ梧ウ翫b荳冶ゥア縺ォ縺ェ縺」縺歙convert_20091103165722
彼らとの出会いがこのあとのヨーロッパを大きく左右した。
夫婦でサスのない長いバイクに乗る某モーターサイクルクラブの古参。
一見してオーラを感じた。
彼女は’49FLパン、エプロン姿が似合いそうなチョッパーで、旦那のS&Sモーターも相当クレィジィ仕様だった。
私はいつの間にか今後の予定を決められてしまった。彼らが紹介してくれたスウェーデン人の家にいくことになったのである。
正直、キャンプをしたかったので初対面だと焚火できないのか、と思ったがヒトとの出会いの流れに任せてみようと湖の町モラにむかった。夜8時、太陽はまだある。

50キロ走っても公衆電話がなかったのでハンバーガーショップの駐車場でポテトをほおばる男に携帯電話を借りてチョッパー夫婦から手渡された神の番号にかける。
優しさ満点の男が電話にでて「すぐむかえにいくからそこで待て」と余計なことは言わず電話は切れた。
それから5分もしないうちに長髪の男がむかえにきてくれた。
直菅マフラーに長いフロントエンド、ウィンカーもミラーもテールランプすらない乗り物。
ペルと名乗る男のバイクはシンプルすぎて自転車だ。
そのペルのバイク仲間だけで運営しているクラブハウスに案内してもらう際、そこまでの道のりでは、ペルのバイクにはミラーがついてないのでペルは100メートルおきに振り返った。些細なことがとても嬉しかった。繧ケ繧ァ繝・・繝ウ+(6)_convert_20091104213502
クラブハウスでは部屋を世話になってしまったのです、風呂なしで三泊。
ああ、早く川に入りたい。
ベッドではなかったがソファーの寝心地は最高だった。
いつまででもいろといってくれた。

「このクラブハウスは日本人は二人目だ」
と、ランブラーズM/Cスウェーデン支部隊長ペルが言った。
その日本人の名前を聞くと、世界一周出発前に情報を教えてもらっていた大阪の女性だった。
彼女はどうやってペルに出会ったのか、それがいまも不思議だ。
たまたまGSで知り合ったバイカーに紹介してもらったのかな。

色々な出会いがあるなか、偶然というより必然に感じることが多かった。
繧ケ繧ァ繝・・繝ウ+(1)_convert_20091104213639

ランブラーズモーターサイクルクラブ  スェーデン・モラ
Ramblers M/C
HP http://ramblers.hallah.nu/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masatorakun

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。