スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Siebnen in Swiss スイス

23.From Friends to friends
繧ケ繧、繧ケ繝輔Λ繝ウ繧ケ+(199)_convert_20091117091344

友達の友達だからといって、みずしらずの家を訪ねることはしたくない。電話番号を教えてもらったらそこに行く?一応、そんな行為ははばかっている私だが、スイス人と知り合う機会も今後ないと思うと、訪ねたほうが得策と考えた。

丸いテーブルを囲む、海の家にあるビニールの椅子に座る大男二人組。
ビニール椅子の足がカクカクして今にも折れそうだ。
「やあ」と声を掛けると「なんだ?」と無表情に答える二人。

彼らはマルコとミルコ、バイクチーム・ランブラーズモーターサイクルクラブ(以下M/C)のプロスペクト見習い。
「さっきカールに電話してランブラーズに会いに来た」
そう伝えると男は無表情のまま携帯電話でカールに連絡を取る。
私の言ったことに相違ない確認が取れると、2人は笑顔にかわった。
この雰囲気こそミリタリーというかヤクザっぽい。
これが本物のM/Cだと思った。
ランブラーズは結成30年の節目をむかえていた。
日本にもこれほど長い歴史のM/Cはほとんどない。

すぐにビールと炭酸水がでてきて、飲ませていただいた。
今日は木曜日だった。
しばらくするとM/C定例会議のためメンバーが全員揃った。
そのなかには結成当時からいるメンバーもいた。

「私たちはノーマルな人間だ」
見た目とちがう口癖。
繝ィ繝シ繝ュ繝・ヱ+(81)_convert_20091113215103

クラブハウスに滞在させてもらったスイスでは、ほぼ毎日雨が降った。
降雨量に比例してビールの本数も増えた。
昼間からビールを飲むのはスイスでは普通のことだ。
近場で働いているM/Cメンバーの数名は、毎日昼休みにクラブハウスにきてビールを二本飲んで仕事場にむかう。
別に怒られるようなことはしていない。
やることやればあとは自由なのだ。
そのあたりがシステム化された、本当の意味での先進国のような気がした。

何日ぐらいいただろう。
私の棲家はゲストルームと呼ばれるベッドがたくさん並んだ部屋。
居心地がよすぎて、しかし長居するのも気が引けた。
繝ィ繝シ繝ュ繝・ヱ+(251)_convert_20091117092613



私は「明日、出発するよ」
「なぜだ、明日は雨が降るから明後日にしろ」
そんな言葉に甘えてしばらく滞在していると、やはり気が引ける。
繝ィ繝シ繝ュ繝・ヱ+(235)_convert_20091117092202

「明日こそ出発するよ」
「なにを言ってる?明日は雨が降るぞ。半年ぐらいスイスは雨が続くんだ。住んでしまえ」

そうは言っても二日間滞在したら出発する予定だった。

繝ィ繝シ繝ュ繝・ヱ+(132)_convert_20091117091600
フレディとエドガーと酒場にて
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masatorakun

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。