スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカモロッコ

31.Africana Moroc
繝「繝ュ繝・さ+(157)_convert_20091209181942

モロッコに降り立つと、想像よりも涼しかった。
スペイン・アルゲシラスでは気温35度、トンジンでは気温28度ぐらいだろうか。
入国ゲートには門があり、船内の約1割の白人など、外国人が入国審査を待っている。
モロッコ人が優先のようだ。

モロッコ人たちの入国審査があまりに長引くので通関士の手伝いをしているおじさんに「早く入国させろ」の旨つたえると、「じゃ金だ」といわれた。

背広を着た入国管理責任者のような、みためだけみると好感の持てる人に相談すると、「なに?外国人の入国まだしていないのか」ということで、そのひとの指示でようやく外国人の入国も開始された。
金を請求したおじさんの作戦だったのだろうか、なおも影で外国人たちに金を請求している。

私も1000円ぐらい請求された。
おじさんに前歯は無く、肌はまるで月面クレーターだ。
汚いことをやるひとは、決まって汚いみためをしている。いや、汚いみためにみえてしまうのだろう。
人をみためだけで判断するのはよくないと常々道徳の授業で言っている私だが、感覚でこのひとワルだと思える人がこの旅ではよくあった。それは情報などなにもない外の世界にいたので感覚がやたら研ぎ澄まされていたからだと思う。根拠の無い見た目だけワルだからワルとは種類が違い、この感覚には絶対的な自信があった。
ああ、きっとモロッコも悪いヤツばかりの国なのだろうなと、殺されないようにと気合を入れ直したのだった。
繝「繝ュ繝・さ+(18)_convert_20091209180519

モロッコのお金はユーロでは通じない。
モロッコ通貨に交換するため、両替所に。
そこではスペインのハイウェーで見かけた人たちが大勢いた。
話し掛けてきたが、言葉が理解できない
にも関わらず、丁寧に両替のことを教えてくれた。
なんとなくモロッコの悪いイメージが払拭された。
繝「繝ュ繝・さ+(44)_convert_20091209180420

バイクでモロッコを走りはじめると、そこらじゅう道端で警官達が警備にあたっている。
その警官達なのだが、なぜか私に手をふり笑顔でいるのだ。  ???
それ以外にも、私と目が合ったひとたちは必ず軽くうなずく。
私と目が合った瞬間、こぶしを左胸にあてて二回たたく人。
言葉が通じないのをわかっていながらフレンドリーに握手してくる。
あれ?なんだこの国は??繝「繝ュ繝・さ+(93)_convert_20091209180646繝「繝ュ繝・さ+(94)_convert_20091209180803



さっそくメシをいただくと、そこらじゅうから笑顔のモスリムが集まってきた。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masatorakun

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。