スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル ~危険な運転手~


38.Portugal
Vorber Espana y Portugal  
繝昴Ν繝医ぎ繝ォ+(24)_convert_20100122015212

もともと予定になかったアフリカサハラ。
暑すぎて引き返していったスペインでも猛暑は続いていた。

帰りのフェリーに乗る前、出国時に大変な荷物検査を受けているヨーロッパ人が多かったのを憶えている。
検査を受けているヨーロッパ人は特にヒッピーというわけでもないのに、モロッコ税関職員にクルマ中ひっかき回されていた。
とくにオランダナンバーの車がその被害にあっていて、荷物を全部バッグから出され、トランクやスペアタイヤまで外して検査されていた。繝「繝ュ繝・さ・点convert_20100122012501
他人事なので「おもしれー、なんかでてこねえかな」とおもったけど普通のひとからなにかでてくるわけもない。

私はバイクだったのでモロッコ税関職員の手間をかけず、スペイン入国時も検査は受けなかった。
以前モロッコに行くとき会ったスペイン税関職員もいて終始なごやかだったが、あやしいトラックが私の前を横切ると税関職員の眼の色が変わった。
他人事なので「おもしれー、なんかでてこねえかな」とおもったけど普通のひとからなにかでてくるわけもない。
大型トレーラーのうしろで検査の様子をみていると、荷台の中身が全部背広だった。一体どこの誰がカバーすらかけていない埃まみれの薄汚れた背広を着るのだろう。たぶん2千着はあるだろうその半端ない背広に圧倒されていると、税関職員が私に行け行けというので先を走ることにした。

その日の夜は小さなサービスエリアに泊まった。繝昴Ν繝医ぎ繝ォ+(23)_convert_20100122015108
茂みにバイクを隠せばあとは簡単だ。物音をたてぬようテントを張って隠れるように息を潜める。
すぐ脇にはガソリン支払い所があり数名のスタッフがいたが早朝の店員交代の時間まで気付かれることはなかった。


とりあえずユーラシア大陸横断しとくか。
それぐらいの気持ちでポルトガル・ロカ岬へむかった。

ポルトガルに入ると、ガソリンスタンドでトラブルが起きた。
海外のガソリンスタンドは大概セルフで、料金後払いのため、給油ポンプを持ちあければガソリンが出たのに、ポルトガルではでない。
なぜかと店員に聞くと、どうやら私が目だし帽をかぶったままだったのがガソリン泥棒への警戒心に火をつけたようだ。
目だし帽をかぶったままぐらいで給油させてくれないあたり治安でも悪いのだろうか。
ポルトガルではそれが常識のようだった。ほかの客も私に怒るように覆面を取らないと給油なんてさせっこないだろみたいなことを言っていた。
繝昴Ν繝医ぎ繝ォ+(16)_convert_20100122012957

ポルトガル人の運転手は危険だ。
時速110キロ以上で走る人がおおく車間距離も近い、おまけに時速90キロで走る私を追い抜いていくときも横をギリギリ抜かして行くので、私は次第に腹が立って、追い抜いて行く車をにらみながら拳を突きつけるようになっていた。
が、ほとんどの運転手は笑いながら手を挙げて通り過ぎて行く。
イライラ怒っているのは私だけだった。
私はあいかわらず自分が情けなく、悪気のないポルトガル人に悪いことをしたなとおもい「ごめんなさい」を30回ずつ唱えた。続いて「ありがとう」を30回。
なにも信じられない世界、藁をもすがる思いで言霊というものに頼るしかなかった。

繝昴Ν繝医ぎ繝ォ+(22)_convert_20100122013054


レストランで日本食のようなものを食べた。
ポルトガル料理らしいような気がした、メニュは憶えていない。たしか鶏肉とポテトとパン。添え物はヨーロッパの定番だ。
私のほかにレストランには昼休み中の労働者が10人ほどいた。ビールを飲んでいる人もいれば、ポテトを頬張っている人もいる。
そのどの人も、ものしずかだった。
飯を食い、外にでると、さきほどの労働者が日陰で一服している。
話しかけた彼らに笑顔はなく、でも優しさは伝わった。
なにか日本人と話しているような感覚に襲われたのは、彼らが英語を話せないこととシャイでいながら芯があり、乱暴のようで繊細な車のドアの開閉音にあった。
レストランのおばちゃんも言葉では説明できないが日本人に似ているように感じた。
それから出会うあらゆるポルトガル人が日本人に似ているように思えて仕方なかった。繝昴Ν繝医ぎ繝ォ+(25)_convert_20100122013205

この調子でいってみようか

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masatorakun

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。