スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野のひととなる

00.Dromil abitacion de Paris centro.

パリにきをよくした私はパリ中心で野宿することにした。

エッフェル塔の下など野宿禁止だったのでルーブル美術館などのパリ中央からおよそ10分にある緑地帯の森で野宿をきめた。
緑地帯につくと「ごめんなさい」といいながらバイクのフロントフェンダーからメリメリ林に入っていった。
低木の大概枝を折り進むとそこに空間があり辛うじて夕方の赤く染まる雲がみえ、ちかくの高速道路の渋滞の音も聞こえた。野宿ポイントを探してその場所に行ってまずやることは息を潜めることだった。人間のほか動物の気配や車の排気音でいま自分がどういうところにいるのか息を止めて確認。基準に満たしていればテントをたてる。
すぐ近くに外灯が並ぶ遊歩道があり、時おりひとが歩いていた。ほんの少しばかり落ち着かない雰囲気だけどパリナンバーワンのキャンプ環境林に間違いはない。
このパリナンバーワンのキャンプ環境林にさすが夜はひとこないだろと思っていたのだけど、
だけど来た 5人
林内でおにごっこ始めてしまった
テントのすぐそばで懐中電灯の明かりだけが交差する。するどい奇声。

繝代Μ・槭ラ繧、繝・い繝

うとうとしながら彼らの声を聞いていたら朝になっていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masatorakun

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。