スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロットルダイク

44.Nether Land

繝代Μ・槭ラ繧、繝・い繝
旅の持ち物では一度きりしか使われないものが必ずでてくる。
私の場合は望遠レンズと蚊取線香、それとクレートボックスがこれに当てはまる。
写真タイトル:望遠レンズ試撮 スキポール

19658340_715692308s.jpg


その日アムステルダムに向かっていた。
オランダ国内に入ると風車で有名な強風が吹き荒れた。見渡す限りの草原を西へ東へビュービュー風が飛んでいる。スピードあげたほうが横風にあおられないらしいけど突風ばかりに気を取られてスピードどころじゃない。時速70キロでノロノロ走った。

ベルギーからオランダに入国してバナナを買った。
両国とも物価が高いので食料はバナナ&水セットをしばらく毎日たべた。
やせたかもしれない。
繝代Μ・槭ラ繧、繝・い繝

バイク輸送に関しては色々あった。
当初の予定ポルトガルから南米アルゼンチンの空輸がだめになりヨーロッパ中を探した。
過去バイク輸送の実績が有っても、今はバイク輸送分野のみやらなくなった業者が多い。リスボン店もパリ店もマドリッドも引越屋になっていた。なぜバイク輸送だけやめたのだろう。
こうなったら最後の手段オランダからの空輸にしようと決めたのだった。

オランダに到着してアテにしていた輸送業者に真っ先に相談すると予算の2倍オーバーして頭を抱えた。
毎日700キロ走って一日一食地べたで寝て起きたら走った。
記憶にある贅沢はソフトクリームぐらいだというのに数日おきに数万円分のユーロ紙幣に羽が生えて消えた。2008年はガソリン高騰の影響もあり私とバイクを走らせる燃料が主な支出になっていた。収入は目にみえない。このまま予想をはるかに超えた輸送費でフレイトすれば、南米のどこかで金がなくなり食器洗いの仙人になってしまう。
南米までの貨物便を細かくチェックしていると船便があることを知った。更に詳しく調べると船便のほとんどがアフリカ経由ということだった。
トラブルがあるかもしれない例えばアフリカで盗難とか、とアムステルダムのハーレーショップ店員に釘をさされ、じゃあどうしたらいいんだろうねと軽く流した。完全に他人事です。
繝代Μ・槭い繝
船便のアドバイスや、キャンプ地も提供してくれたアムステルダムのハーレーディーラー Harley-World の隣の家の芝生にテントを張らせてもらえることになり、そこに二週間滞在することになった。
芝生にテントといってもじつは敷地はアムステルダム市のもので、夕方市民が5名ほど通るマニアなコースとして知られている。人通りがなくなると散歩コース脇の草地は野うさぎの集会場になっていた。

二週間テント滞在のうち二度ほど警官が深夜やってきた。大声でテントを揺らすのでチャックをあけると、ほとばしる懐中電灯が寝起きの顔を照らす。真っ暗、いや真っ明かりの状態でなにも意味がわからないまま色々質問される。野宿の職質は日本でも定番で九州と東北ではお馴染みの光景だ。私も日本でおこされたケースが3回ある。今回はうさぎからの通報で草地の景観を損ねるという理由で警官が3日に2回やってきた。そのたびに「テントを移動しろ」といわれるので、その日のうちに2メートルぐらい移動すると、翌日また深夜にやってきて「キャンプ場に移動しろ」といわれた。昼だったら移動した。繝代Μ・槭い繝
そういえばオランダの警官は色々と厳しい取締りをしていたように思う。ヘルメットと風体が原因で停められた回数は全停止命令の半分に達する。

さて、南米までの空輸便は結局地元アムステルダムの業者に決まった。お世話になっていたハーレーディーラー社長の知り合いの貨物会社で、輸送コストや税関保管料も大幅に値引いてくれた。ついでに頼んでおいたクレート(梱包)、バイク修理(チェン交換等)も格安でやってくれたのだった。ハーレーディーラーはどこに行っても親切にしてくれるが、ここハーレーワールドは親身になって私の旅をサポートしてくれた。



下記は某業者のEU~南米バイク空輸見積 (ここやめましたが参考までに、下記計算表は総重量400キロで見積もりしてもらってます。実際はハーレーを鉄クレートボックスに梱包して490キロになりました)



Desde Espana Madrid a Chile Santiago

輸送見積:
At Madrid  
Export charges : Eur181.66
Packing : at cost  
Air freight : 1360.00 (3.40/@kg)
Fuel surcharge : 380.00 (at cost actual)
Security surcharge: 60.00 (at cost actual)
Goverment tax : 17.50 (at cost actual)

At Santiago
Import Clearance : USD120.00
Documentation fee : 45.00
Cargo terminal fee : 80.00
Handling fee : 150.00
Unpacking : 75.00
Customs storage : at cost
(The Charge depends of the CIF value,weight & days)  +個人フライトチケット代

必要書類 
At Madrid
* Copy of Passport of the owner
* Dangerous goods declaration (現地にて記載頂きます)
* Declaration of value  (現地にて記載頂きます)
* ATA Carnet

At Santiago
* Air Way bill
* ATA carnet
* Passport of the owner
* Documentation at arrival
* Customs power attornery (現地にてサイン頂きます)


持込日+(梱包・輸出通関・フライト)7days+輸入手続2-4days



たこ足



繝代Μ・槭い繝
オランダとベルギー国境
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masatorakun

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。