スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームシック ~ウラジオストク=ハバロフスク~

4.consegir mi moto, en Russia
バイクを受け取り走り出したのが夕方4時。太陽は真上にあった。

ウラジオストックの市街地は、とても走りにくい。なぜならロシア道路の特徴のひとつに大渋滞。これを抜けるまでオーバーヒート気味数回。そして市街地を抜けると道の穴ぼこのオンパレードが続いた。
旧ソビエト時代に造られた道路という噂どおり陥没箇所が激しく続き、たとえばウラジオストック市街地を抜けてアムール川を越えるとアスファルトは悪路に変わり、ほんの20キロぐらいの間に、マンホールのフタがない状態のような陥没箇所が相次いだ。穴はアスファルトの欠けた部分が尖っているため、これらの穴に誤って入ってしまうとタイヤがバーストし兼ねない。

この穴がシベリア内陸の僻地に入っていくにつれ「100メートルに100個の陥没」、つまり1メートルに1個大小さまざまな穴が開いていることになる。それはこれから走るシベリア東部~首都モスクワまで延々つづくわけで、楽しめるかといえば、当然道ばかりに眼を奪われて走るので景色は楽しめない、それでもゲーセンよろしく穴避けゲームをマリオは楽しんだ。
まばたきしないで道を凝視していたため眼は大充血。
逕サ蜒・037_convert_20090930000152


ウラジオストクからハバロフスクまでの1000キロ
最後にカツアゲにあったのは中学2年の冬だったろうか。
忘れもしない三学期の終わりごろ、週末夜中に不良仲間5人で深夜の市街地を自転車で徘徊している時に原付に4人乗りしてる年上のヤンキーたちだった。
靴のかかとを踏んだヤンキー4人衆は3年上の金髪で、それだけでもびびるのに後ろ髪がやたら長く、ジャージ模様は龍だった。


今回ロシアで絡まれたのは、S’62年式マークⅡのヤンキー。
今では北海道でもみることのできない希少なセダンマークⅡのハの字に四人の大男
林道をガリガリ追いかけてきた。
車から降りてくるなり、四人のうち一番背の低い180センチの胸毛な熊男が遠まわしに金金と請求してきた。
原因は、たぶん道端で立ち止まって夕陽の写真を撮っていたからだろう。
写真には通りすぎるヤツらの車がしっかり写っていた。

黄ばんだケミカルジーンズ、白人特有の体臭がやけにきつかった。
やれ金をだせ、携帯電話(ロシア語でチリフォーン)など、色々請求された。こわかったです。

フェリーでロシア人に腕相撲に勝って以来、ロシア人をなめていたけれど、こんなことがあったため用心するようにした。
結局その日は夜遅くまで走り(無用心)、絶対人がこないであろう山中まで分け入ってキャンプをしたのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ハバロフスク市街に到着してホテルに泊まった。
ロシアにてホテルに泊まったのはこれが最後になる。
バイクを預けられるパーキングから一泊1万円するホテルまで一キロの道のりをPCやカメラなど盗まれたらイヤなもの計15キロを背負い、それがホテルを遠ざける原因になった。
だいたい一泊一万のホテルでお湯がでないってどういうことだw

近くのネットカフェでメールをチェックするも、2分経たないとみたいページが開いてこない。
写真のデータも送れず、持参したPCを使ってホテルの部屋でひとりデータCDを作成した。
のちにこのデータをシベリアの小さな郵便局から送るも、EUから送ったデータより三週間も遅れて家に届けられ、くわえてCDデータ内部は故意に消去されていた。
シベリアの最初の頃の写真があまりないのはこのせいです。


旅がはじまって三日目。
水シャワーを浴び、震えながら部屋はひとり。
残りあと5万キロ以上の道のりをイメージすると、いままでに味わったことのない強烈な孤独感に襲われ危うく我を忘れそうになっていた。
繧「繧ケ繝輔ぃ繝ォ繝郁」應ソョ縺ォ繧ゅ⊇縺ゥ縺後≠繧祇convert_20090930001527


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masatorakun

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。