スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E.U → 南米

46.Chao Claro Amsterdam

繝代Μ・槭い繝

バイクの梱包もおわると、ハーレーショップの計らいで空輸貨物業者まで運んでもらうことに。
担当してくれたのはメカニックさん。底抜けに優しいアニキだった。駅まで幾度となく車に乗せてもらったり、バイク輸送に関しても部品部門のヘンクと共に大変世話になった。

繝代Μ・槭い繝

さて、中古車両は空輸便の場合『危険物』扱いとなる。英語でいうとデンジャラスグッズといって、一度ガソリンが使用されている車両は飛行機に載せる前に検査を受けなければならない。
検査の内容はガソリンがタンク内に残っていないか、クレートボックス内で車両が暴れたりしないかなど、まず私にとってはあまり興味のない検査である。

税関近くの危険物検査所に出向く。重量測定は【520㎏】。
あれだけ苦労して所持品詳細を書面にしたのに、荷物検査は梱包の箱を一度開けるだけでおわった。
そして、空港輸送業者。彼は、値段交渉までしてくれた。
私がお茶を入れると芝生みたいと言いながらも全部飲み干してくれ、不要になった蚊取線香をありがとうといって受け取ってくれた。
普通、オランダ人は不要だったり面倒なことはハッキリNo!という頑ななタイプがほぼ国民のすべてにあたる。
ところが彼はすこし違った。私はそんな彼に甘えつつ、大事な書類関係を書き綴るときにも力を借りた。

繝代Μ・槭い繝

写真の書類は持ち物【工具】。数量や入っているものがリストと違うと後々面倒が起きると聞いていた。これはロシア入国時もそうだし、南米に渡る今回も持ち物リストを作成した。が、誰一人チェックしている税関職員がいなかった。いや、影でチェックされてたのかもしれないがアルゼンチンの保税倉庫で確認したところバイクの梱包をこじ開けたような形跡は見当たらなかった。たぶん形式的なものだろう。

同じように旅行計画書も作成しなければならない。
これも南米入国時に一応チェックされたが、世界一周など税関職員は誰も信じてくれずトラブルの原因になった。
書類は慣れないスペイン語で作成した。
このころになると書類だろうが入国検査だろうがなにも面倒と思わなくなっていた。

逕サ蜒・459_convert_20100227042154


空港のすぐ脇にあった輸送業者は地元オランダでも有名な会社で、その同じビルで働く近畿商運在和日本人と面会することも出来た。彼らのおかげもあり、無事に税関と料金の支払いができた。
あとは航空チケットを取って南米にむかうだけだ。

逕サ蜒・445_convert_20100222220324

南米までのバイク輸送&航空チケットで60万ぐらい掛かった。
格安チケットと称した乗り継ぎ専門チケットは、スキポール~パリ~サンパウロ~ブエノスアイレス。この旅初の飛行機だった。
世界一周ガソリン代100万オーバーに、ボゴタ~パナマの空輸二回&船便などの輸送費など、結局移動費に一番金が掛かるから格安乗り継ぎでも愚痴はいえない。

警察に起こされたキャンプ地をあとに、スキポール空港近くのホテルに1泊だけ滞在することにした。
料金は一泊あたりバイクで3千キロ走れる値段だ。
バイクで旅をするならガソリン代に金を使いたい。ホテルなどという余計な出費は抑えてその分オイル交換をマメにしたいと心の底から思った。
ついでにいうと私はこのホテルというのがどうも苦手だ。焚火はできないしタバコもすえないし自炊もできないし自由を探せば非常階段ぐらい。
数年前を最後にキャンプ場を利用しないのもホテル同様決まりごとの多さにあった。私はなにものにも囚われず自由の身でいたかった。

オランダの法律では屋内でシガレットつまりタバコを吸うと行政処分されてしまう。オランダのホテルはそんな事情からも特に避けていたが、翌日からの南米のためにも3週間着たままの服を洗い、三週間ぶりの風呂と、三週間ぶりの普通の飯を食ったのであった。

繝代Μ・槭い繝


ホテル滞在のあいだ、スペイン語も電子辞書で勉強した。
まったく知らない言葉なので、逆に入りやすい。中途半端に知っている言葉は固定観念が邪魔をするのか、案外頭に入ってこないものだ。
「週刊誌はありますでしょうか?」 ぜったい使わない単語を勉強した。

繝代Μ・槭い繝


いよいよ南米出発の日がやってきた。
スキポール空港のベンチでタバコを吸っていると、同じ便に乗るフランスの若者数名のグループが、私にビニール袋をくれた。中を覗くとご禁制の品がたんまり入っていた。それはオランダでしかダメなので私はその袋をそのままベンチにおいたままにしていた。すると、品の良い感じのブランドスーツを着たスーツケースを持つ白髪まじりの男性が、ベンチに近づいてきたかと思うと袋の中身を見て胸ポケットに素早くしまいこんでいた。彼に話しかけると、彼はパイロットだという。葉巻を一本もらい、袋の中身の話になった。オランダなどEUや南米では非犯罪化された日本では違法のソフトドラッグの袋の中身。
固定観念を持つ人間は、みためからは到底分からないものだ。この世の中、一体なにが良くて悪いのか、きっとそんなものは人間の決めたたわごとにしか過ぎない。
おじさんが俺の乗る飛行機のパイロットでないことを祈り、飛行中は絶対やっちゃいけないことを理解しているだろうが笑いながら伝えたのだった。

逕サ蜒・432_convert_20100222215540

パリに飛行機で到着したのは夕方、南米出発便は夜だ。
飛行機やバスの旅は快適だったが、バイクのない旅は私のスタイルではなかった。
刺激と嗅覚と感覚すべてに物足りなさを感じていた。
ユーラシアから南米に橋でも架かっていれば最高だ。

ボンジュール空港では、ブラジルからの若い女性たちが自動販売機のプラグをぬいてドライヤで髪を整えていた。
警備のおじさんたちが数名やってきてニコニコしながら彼女達をみている。
パリは気軽だし、ブラジル女性も綺麗だった。
逕サ蜒・441_convert_20100227041950

飛行機に揺られて数時間、朝方ブラジル・サンパウロに降り立った。
着陸するとき、サンパウロの夜景は衝撃的だった。空からでも貧富の差の激しさが伝わったからだ。
中心地から少し離れたところにバラック街があり、街頭もまばらで、人はまったく歩いていない。
バラックはモロッコやロシアで見慣れていたが雰囲気が断然違う。殺人のニオイがした。
南米は簡単には済まされないぞと思った。

逕サ蜒・456_convert_20100227041752

もうすぐアルゼンチンだ。
そう思うと、気が滅入った。南米はあまり気が進まない。

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【初回アクセスから3日間限定の特別特典付き】格安航空券はもう買わない!驚きの無料航空券入手法

えっ!? 格安航空券はもう買わない?! ホントに無料の正規航空券が手に入っちゃう...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masatorakun

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。