スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライダーハウスinアルヘンティナ


50.Nueva amigos Casa
繝悶お繝弱せ縺九i繧ヲ繧キ繝・繧「繧、繝、+(46)_convert_20100324021952


ブエノスアイレスから400キロ地点にAzul(アスール)という町がある。
そこには日本人専用といっても過言ではないライダーハウスがある。
経営しているのはアルゼンチン人、ライダーハウスとはその名の通り旅人ライダーを無料もしくは格安でかくまってくれる屋根付き部屋のことだ。
ウワサでは聞いていたアルゼンチン唯一?のライダーハウスを探すことにした。

アスールの町に着くなり、バラック街をさまようことになる。
あらかじめ調べておいた住所にライダーハウスはなく、5000人規模の小さな町を1時間も迷った挙句、住宅街には違和感のありすぎるシャッターをみつけた。シャッターは日の丸。

ライダーハウスはバイク部品店で、店の軒先にも「ライダーハウス」と日本語で書かれていた。どれほどの親日家なのかすぐにわかった。
ホルヘという男が出迎えてくれた。
彼は幾度となく日本人をライダーハウスに無償で泊めさせている。
税関で世話になったオマール含め、アルゼンチンには優しくカッコイイ大人がおおい。

繝悶お繝弱せ縺九i繧ヲ繧キ繝・繧「繧、繝、+(48)_convert_20100324022328

ライダーハウスの壁という壁には過去滞在した旅人のメッセージがぎっしり書かれてあり、高い割合で日本人のものが多かった。
そのなかでも友人の名前をみつけた。神奈川のセイジ君だ。

繝悶お繝弱せ縺九i繧ヲ繧キ繝・繧「繧、繝、+(49)_convert_20100324022200

そのすぐ横に私も自分の名前を書くことにした。
埃っぽい壁を手の腹でゴシゴシ拭いたが、油性マジックのノリはイマイチで簡単になってしまった。
メッセージには凝った言葉も多かったが、私の場合は一泊だったし無心で疲れていたからカッコイイ台詞は用意できなかった。

壁に書かれたメッセージの中に日本人が書いたと思われる数字をみつけた。
『Azul ~ Tokyo =1万5000km』
案外近いなーと思った
私はホルヘにマテが飲みたいというと、彼は新しい容器を用意してくれた。普通であればいま自分が持っている容器に湯を付け足し渡してくるのがアルゼンチン流であり、同じ容器でマテを飲むことがアルゼンチンでは友情を育むキカッケになる。しかしホルヘは新しい容器に湯を足した。潔癖症の日本人のことをよく知っているようだ。

ホルヘは私を事務所に連れて行き、日本のバイク雑誌に自分が掲載されたものをみせてくれた。
なんでもホルヘに世話になった日本人ライダーたちがそれぞれ金を出し合いホルヘを日本に招待したらしい。そのことをホルヘは自慢げに雑誌の記事をみせてくれ「私の心は日本人」といった。とっても素晴らしいことだと思った。
それを聞いたドイツ人も同じようにホルヘをドイツに招待したらしい。
ライダーハウス内には、北海道出身のライダーが日本国内で事故死したことについて、きっとホルヘは一度しか会っていない彼女の慰霊碑をハウス内に祭っていた。ガラスケースに収められた彼女の写真とヘルメット、寄せ書き。
南米に入り疑心暗鬼になっていた私はアルゼンチン国内にある日本人のメモリアルをみて、心の底から彼は信用できると思った。

繝悶お繝弱せ縺九i繧ヲ繧キ繝・繧「繧、繝、+(45)_convert_20100324024422

部屋にはエゲレス人が先客としていた。国外で同じ日に同じ部屋で眠る、これほど奇跡はない。エゲレス人と二人きりの晩餐。彼はアメリカ大陸を縦断している最中ということだった。
細切れにしたタマネギにシーチキンをまぜたものが主食だ。テーブルに置かれたフランスパンより固い干乾びたパンをかじりながらマテを飲んだ。
部屋にいても暖房器具などなく、白い息が一層地の果てに気持ちを向かわせた。

繝悶お繝弱せ縺九i繧ヲ繧キ繝・繧「繧、繝、+(51)_convert_20100324022450

ホルヘと会ったのは夜が最後だった。
寝袋に包まるベッドに横たわりながらも、かなりの冷え込みに寝付けなかった私は日の出早々でかけることにした。
エゲレス人を起こさぬよう、バイクを外に出したら、つい一瞬前まで眠っていたエゲレス人が一般的に下品な笑い声、逆をいえば心豊かで

上質なバイク乗りの笑顔で私を見送ってくれた。

アスールというのはスペイン語で「青色」という意味になる。

天気予報は見事にはずれ、朝の空に雨はなかった。
南へ行くほど空は晴れ渡り、アスールという意味を全身で味わった。

繝悶お繝弱せ縺九i繧ヲ繧キ繝・繧「繧、繝、+(44)_convert_20100324021720
muy buenos suenos
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masatorakun

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。