スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長生きの秘訣

71.sonrisa es Importante

ペルーで警察に停められた。

警官に停止命令を受けたのは数多くある。
特に南米では。警官ワイロもある。
時にはライフルを突きつけられる。心の弱さを露出するとワイロは値切れなくなる。
ワイロを値切ることのできる土地柄のひとたちは軍や警察に不満を持っていないのだろうか。

今回はスピード違反ということだ。たぶんホント。
30キロ制限のところ110キロもだしていたらしい。信じがたい、自分の行為。
田舎道は信号機がない。一直線のつもりがロータリーだったためこの結果である。
見通しは限りなく地平線だったからマナー上は問題はない。
なにかを請求されたらいけないので慌てて警官たちをカメラで激写。
これが例え写真のように顔が写っていなくてもパフォーマンスとしてワイロ請求に強い味方をしてくれる。
繝√Μ繝壹Ν繝シ+(642)_convert_20101022015221



しかし今回は本物のスピード違反。
罰金日本円で2万円といわれ、おもわず私は、

「俺はフジモリ大統領の親戚です!」

と言った。

「フヒモリいま30年の刑だよ」
警官たちは平静に言った。
当時、元フジモリ大統領は30年の刑を不服として揉めていた。
政治献金が原因らしいが、しかし国民からの好評価は今も残る。
ペルーからゲリラを無くしたのも砂漠に水道を引いたのもフジモリさんだ。
田舎へ行けば未だ「Viva Fujimori」の落書きがある。
隣国エクアドルでもフジモリ大統領に関してはイイ噂しか聞かなかった。
これは私が日本人だからというだけではない。

「俺はフジモリ大統領の親戚です!!」

二度目の告白。
警官たちは困った表情を浮かべた。

ウソにもほどがある。

どうでもいいから早くしてくれ。
ところで、笑える冗談というのは自分にとってもまわりにとっても、生きる上でとても大切な要素なので、
真顔で「ウソとわかる笑える冗談」を言えるテクニックを身に着けたいと思っている。これさえあれば長生きできると本気で思うからだ。
笑いの耐えない柔軟な発想こそ長生きの秘訣。
もちろん「微笑み」という、感謝が溢れ出してでる究極を追求することも最大限やっていきたい。
まわりも笑顔、自分も笑顔、そんなウソなら大歓迎。
このときの警官たちは私のユーモアに笑顔ひとつみせなかったが、ユーモアセンスは買ってくれたようだ。

繝√Μ繝壹Ν繝シ+(641)_convert_20101022020102

彼らは離れたところで相談し始め、その結果、あいつ(私)は面倒なヤツだということになり開放された。
警官の顔をよくみると阿寒湖のアイヌの友達にそっくりだった。私はその顔に愛着がある。
アイヌは私のために時としてとても厳しいことを言ってくれるが、ほとんどの時間は底なしに優しい。

警官たちは真顔で、
「スピード出すな、安全運転でいけ、メシを食え、タバコやめろ、家まで帰るんだぞ、良い旅を!」



繝√Μ繝壹Ν繝シ+(552)_convert_20101028075525

お咎めなしにしてくれたことに感謝は無い。
が、たくさんの言葉をかけてもらったことに対する気持ちは、この日を充実させるに足る出来事だった。

会社にも家庭にも、果ては動物の世界にもこの世は決まりごとが非常に多い。
優しい笑顔の人格者が増えたら決まりごとも減る。

自分以外の人の幸福を真剣に考えられる人々の国は厳格な法が整備されていない。
徳のある人格を形成するにはなんでも経験して選択肢の幅を広げることが大切だと思う。

砂漠真っ只中。
他に車が通る気配は一切ない。
早朝6時の砂嵐。私は警官たちに別れを告げてアンデスを越えた。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masatorakun

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。