スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シベリア・キャンプ

7.Sol poniend a carpa
日が暮れるまで走り、あたりが暗くなると、ヘッドライトを消し、前後左右の車の流れに注意を払いながらサッと素早くタイガの森へ。

キャンプ生活では動物避けの焚火は重要な役割だったが、人にみつかるとめんどうだから必要最小限の炎でシベリアの夜を過ごした。
狼か野犬の遠吠え。

早朝。太陽が登り始めるとテントをたたんで素早く出発。
シベリアは毎日こんな日。
繧キ繝吶Μ繧「縺ョ螟懈峩縺狙convert_20091008144632
体力がないと続けられない。
隣の家の支柱を利用して懸垂20回×3セット、腕立て100回×3を、4ヶ月続けた。
出発前は胸囲95㎝あったのに、帰国して半年もすると87cmにしぼんでいた。

旅に出ると体力的にも精神的にも飛躍的に発達する。
そして、まるで超能力のような冴え渡る勘を手に入れることができる。

それが帰国すると次第に超能力は消え身体もしぼむ。
今やれることを今やらなくなったり、弊害というか、これが普通なのかもしれない。
だからまた旅に出たいんだと思う。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masatorakun

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。