スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワルい人と、気にしない人

さて、今週2011年7月31日から被災地支援などで長旅に出るため、当ブログ一ヶ月お休み致します。
お読み頂いている方にも、ご了承頂けたら幸いに思います。よろしくお願いします。
その代わりといったらなんですが、今回の記録は写真も多いです。
楽しんでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。


88.aguas bogota

朝から大雨 Santafe de Bogota
サンタフェ・デ・ボゴタ 中心街。

逕サ蜒・665_convert_20110728005028
アーケードにバイクを乗り入れてamayadori。
通勤しているみなさん、私のバイクをよけて行く。申し訳ない。
彼らの表情は月曜仕事でダルそうだけどしかし穏やかで、本降りなのに傘をさしていないほど楽天家。
どうりで話しかけたくなるわけだ。
傘の所持率10%

逕サ蜒・671_convert_20110728005730
ボゴタのハーレーディーラーにむかう。オイル交換などが目的だ。
コーヒーをご馳走してくれた。コロンビアコーヒー。
コクがあり、濃くもあり、とにかくコロンビア。
コーヒー農家の人柄まで思い浮かべられる味とでも言っておきます。


ハーレーボゴタディーラーの、若い整備士は新人風だが手際が良く、頼りなさそうにみえて完璧だった。
オイル交換ついでにシベリアで破損したエンジンアンダーガードを取り外してもらうのだが、ネジが擦り切れててボルトがまわらない。力ずくで切ってしまわれた。

パナマ行きの貨物飛行機会社を教えてもらい空港にむかった。
じつはコロンビア~パナマ間に陸路はあるが、そこはジャングル。
ジャングルの住民は非正規ゲリラ、極右、麻薬組織、マフィア、そして正規軍、たぶん色んな世界一。
超メンドーそうなので、こんなところは空輸に限る。
逕サ蜒・701_convert_20110728005114
コロンビアではもうここしかないというぐらい親切な業者に行って、税関体験もさせてもらった。
あっちいったりこっち歩いたり、いったりきたりしながら、ようやく貨物手続きがおわった。

次は、軍犬による荷物検査がはじまった。
兵隊と犬の、所持品検査だ。かわいいシェパードが私におべっかをつかいながら懸命な捜査活動。

兵隊は私のバイクのタンクをはずせといってきた。が、ああだこうだいっていたらはずさずに済んだ。
タイヤのバルブをはずしたかと思うと、空気をぬきはじめた!
兵士は、タイヤの空気のにおいがついた指を熱心に嗅いでいた。タイヤのチューブは酢だこのような臭いなのです。どうだ日本の酢だこ。ダンロップ製。
兵隊に話しかけると、兵隊から発言される言葉は「シー」か「ノー」だけだった。

あまりのしつこい捜査にしびれを切らした私は、兵隊に、
「コロンビア~パナマ間の空輸は、そんなに麻薬がでるのか?」

と尋ねると、兵隊は手を休めて、

「そうだな。年間に数千トン出てくるよ。それと拳銃ね」

そういうと、兵隊は、荷物検査を終了させた。
ようやく犬クンにも触らせてもらうことができた。イヌ君も兵隊も、実はとても社交的。さすがコロンビア。
それにしても、バイクに積んであった荷物は、検査のため、バラバラに散らかりまくっている。タイヤのチューブ、テント、寝袋も広げられ、工具に至っては工具入れから一本一本だされて、それだけで足の踏み場もないほどだ。
なんだかとても残念な気持ちで旅の荷物を片付けていると、見兼ねた兵隊も、片づけを手伝ってくれた。
まるで夫婦喧嘩で、物言えぬ旦那がモノに当たり、その後旦那みずから投げ捨てたモノを片付けている、そんな風景によく似ている。
これでバイクをパナマに空輸させる手続きはおわった。

これで独り身になった。ホテルに戻ろう。

逕サ蜒・702_convert_20110728005243
優雅にタクシーで宿に戻る。
空港から乗車したためか、タクシーの運転手さんが観光案内を始めた。
しかし私は水曜どうでしょうのごとく観光地にまったく眼が向かない。
パナマの運河をみたときも、これほどつまらないと思ったことはない。
アンダーグラウンドで危険な地域は?と尋ねると「サンタフェ」とすぐ答えてくれて、でもその地区にはタクシーでも行きたくないと苦笑していた。
とても興味がある。


ホテルの前で下車したその足で食事に出かけた。

コロンビア食堂に入ると他のお客さんがなにかウマソウにたべている。
それを指差して「アレくれ」と注文する。
でてきた料理が絶品だった。芋のペースト料理。これが超絶品!
逕サ蜒・682_convert_20110728010021

フヒタという料理らしい。芋をすりつぶしただけでどうしてあんなにうまいのか。いままで食べた料理で5番以内に入る。次の日も食べに行きたい!で行った。いやー、最高、最後の日は奮発してフヒタセット(単にフヒタふたつ)を食べたのだった。
このフヒタの作り方を藤枝在住のコロンビア人に尋ねたところ、作り方は知ってるが詳細は家庭によって違うと言っていた。
いろんなフヒタがあるのだろう。
コロンビア料理は世界一。

逕サ蜒・709_convert_20110728005535
250ccモトクロスの白バイ。
警官たちは二人乗りでドコドコやってきた。
ストリートには、それをみて物陰に隠れる人が多数いた。
今の今まで私と談笑していた男もそのひとりだ。
彼は、私にイケナイモノを勧めている最中だった。

警官が去ると男はふたたび私に説明を始めた。
それをやったらどうなると聞くと、
「心臓がドキドキするぞ!」
と言う、そんな男は目がイッてる。

ただでさえコロンビアは普段からドキドキな国なのに、もうこれ以上ドキドキしたくないw
ボゴタに入る前日も、カリ市近郊の山岳地帯で野宿していたら、深夜、警官に起こされた。
「ココはゲリラが出るからホテルに行きなさい」
だから刺激には飢えていない。

夜中2時。
眠れなくて、というか元々は夜型の私は、近場のゲームセンターにあそびに行った。昭和の雰囲気だ。
どこかでみかけたような単純なゲームが数機おいてある。
昼間の男がまだうろうろしていた。

翌日の夜も、深夜徘徊を楽しんだ。
サンタフェという地区はボゴタのなかでも悪評たかく私の心をくすぐった。
その地区にまっすぐ歩いていくと、警官に止められた。本当にヤバいぞと脅かされたのだ。
昼間は巨体3人組に喧嘩こそ売られたが、無視していればなんてことない平和な地区だった。しかし夜は本当にヤバいらしい。
だいたい日本人がコロンビアを深夜徘徊してもロクなことにならないので、みなさんにはお勧めしない。
実情を知りたいという好奇心を我慢してホテルに戻った。
逕サ蜒・676_convert_20110728010725



ゲーセンで水を買って部屋に戻ると、それからの私は、二日間ホテルに篭り、願望を日記に書き連ねた。
午前11時に銃声が聞こえ、午後2時にも銃声が聞こえるなか、味噌汁が飲みたい、家族に会いたい。友達と話がしたい。早く静岡に帰りたい。家のコタツでのんびりしたい。
願望を書けば書くほど、今まで気を張っていた『気合』が抜け落ちていくのがわかった。だから、もうやめた。
寝て過ごした。

最上階の部屋からはストリートが一望できた。
引越しをするもの、不良女の言動、深夜に何時間もその場に立っているおじさん。なかでも警官による職務質問は見ものだった。若い男2人が警官と揉み合っていて、どこの出身だという質問に答えない男2人は、ただそれだけで跳び蹴りを食らわされていた。
逕サ蜒・673_convert_20110728010638

散々コロンビアの危険なところを話したけど、じつはコロンビアは美人大国であるし、男は長瀬智也みたい
みんな親切で、とても社交的。メシも最高。山岳地帯から望む絶景も最高にイイ。
だから私は好きな国はどこと聞かれると、コロンビアと答えることが多い。
自由で、だから自己責任も重くのしかかる。
そんなところも気に入っている。

コロンビアの次はパナマ。南米大陸はおわる。
中米に入ったら、もう恐れるものはなにもない。野宿して焚火できる。そんな希望で溢れていた。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masatorakun

Author:masatorakun
皆様、こんにちは。
大型バイクのハーレーダビッドソンで世界一周したときの日記を再現しました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

*写真転用コピ等禁止予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。